災害復興支援活動

2018年7月豪雨災害支援物資送付

2018年7月豪雨災害支援物資送付

2018年7月豪雨で甚大な被害を受けた岡山県総社市と愛媛県大洲市に、飲料水や土嚢袋などの支援物資を発送しました。微力ながら、避難生活を余儀なくされている方や現地で復旧作業に従事されている方の助けになればと考え、支援させていただきました。
被災地支援に大切なのは、今とるべき行動を正しく選択すること。被災地が何を求めているのか、被災者の不安を汲み取り、適切な支援方法を適切なタイミングで行うことだと考えています。そのため、被災地の方と連絡を取り合い、支援の内容や時期を相談させていただきました。今後も、災害復旧・復興支援活動に積極的、継続的に取り組んでまいります。

九州北部豪雨復旧支援活動

九州北部豪雨復旧支援活動

2017年8月17日と18日の2日間、九州北部豪雨によって被害を受けた福岡県朝倉市に有志の社員数名で赴き、支援活動に従事しました。泥の掻き出しや農業支援をお手伝いしました。
被災地では、宿泊施設のキャンセルが相次いだそうです。キャンセル料だけでも相当額の被害が出ているというお話を聞き、宿泊は朝倉市内の旅館へ。少しでも被災地の方々のお力になればと考え、支援させていただきました。

熊本地震支援物資の発送と復旧支援活動

熊本地震支援物資の発送と復旧支援活動

2016年4月に発生した熊本地震で甚大な被害を受けた被災地に、支援物資を発送しました。支援物資は、缶入りパンや飲料水などの食糧品と、タオル、箱ティッシュ、ビニール手袋、ゴミ袋などの衛生品です。被災地からの要請に応じて、現地ニーズに適したものを急いで準備しました。
また、2016年5月24日より2日間、社員6名を被災地に派遣してガレキ撤去などの復旧支援活動を手伝いました。

東日本大震災復興支援

東日本大震災復興支援

宮城県本吉郡南三陸町へ赴き、仮設住宅へのチラシ配布や農業のお手伝いを行いました。仮設住宅に住む方の中には、故郷から離れざるをえなかった方も多くいらっしゃいました。
新聞をとっていない世帯では情報が届かず、孤立してしまうことも問題になっていたため、地元商店街のイベントのチラシを直接ポストへ投函するお手伝いをしました。

ウィズライフグループの取り組み

ウィズライフグループは、暮らしを豊かにするための研究開発に努め、さまざまな社会貢献活動に取り組むとともに、
地域社会の持続的な発展に貢献します。